ことばを吐く

摂食障害の知識と心の言語化を届けたい

2030-01-01から1日間の記事一覧

【拒食体験記】わたしが食べられなかった記憶

その病に足をつっこんだのは、おそらく高校2年生のとき。おそらく、というのはわたしに病の自覚がなかったから。 わたしの通う高校は、家から住宅路を歩いて5分の場所。地元の中ではちょっとした派手高校だったかな。スクールカーストではちょっと悪い子、…