ことばを吐く

わたしが歩いた道と、見ている世界

苦しすぎるから休むことが怖いのです

 

わたしたちはなぜ休むことがこんなにも苦手なのか。

 

 

f:id:waka0105s:20201229130303j:plain

 

休むことが怖くてしかたない

「予定のない時間が怖い」わたしを含め、摂食障害である多くの方がそう言葉にする。怖くて怖くて、休めない。

 

これだけ心が叫んでいるのに、これだけ体がボロボロなのに、何もない時間が、休む時間が、怖くてしょうがないのだ。奇妙な現象である。

 

休んでこそ今日に終止符を打つことができる。休んでこそ今日の自分に「お疲れ様」と言える。何もない時間をつくりわたしを休ませる時間は、明日を生きるための時間なはずなのに。

 

それが怖くて仕方ないのだ。

 

摂食障害に襲われるトキ

何もない時間を過ごすと、決まって摂食障害の自分が現れた。

 

手持ち無沙汰な時間

何も予定がない時間

一人ぼっちの時間

 

休まる前に、無限の寂しさや虚しさに襲われるのだ。無限なのだ。ずっとずっとわたしを追いかけてくるのだ。

 

何もない時間は、安らぎではなく孤独しかなかった。

 

自分の身だけでこの1分1秒をすごすことができない。

何かがほしくて、何かで埋めたくて、いてもたってもいられなくなるのだ。「食べる」ことしか考えられなくなる。「食べる」という一瞬の快楽を本能で求めるようになる。そのあとの地獄への恐怖とともに「食べる」への本能的な欲求がわたしを襲う。

 

意味のわからない恐怖心が私を支配し始めるんだ。

 

 

これを止める術は過食以外に存在ない。

それが怖くて「何もない時間」が怖かった。

 

何もない時間をひとりで過ごすほど、わたしは強くなかったのだ。

 

ダメな私は休んだらダメ

それと同時に、価値のないダメなわたしは、自分を休ませることを許せなかった。

 

休むことは頑張った人がやること。

でも、私は何も頑張れてない。

食べることすらちゃんとできない。

何もできない。何もできない。私は何もできない。

 

そんなやつが休めるわけがない。

 

何もしないと、どんどん自分の価値がなくなる気がした。何か予定を詰めないと、何か知識を詰めないと、何かで私を埋めないと・・・そうでもしないと、自分がどんどんダメになっていく気がした。

 

休むことが自然の行為だと思えなかった。休むことは怠けだと思っていた。

休めない。私はもっと頑張らなきゃいけない。切れそうな一本の糸で毎日を生きていた。

 

命を削る、その先

 

毎日自分を、命を削って生きていた。そうでもなきゃ、不安で怖くて仕方なかった。

 

自分が摂食障害に乗っ取られて、どんどん価値のない人間になる事が、怖かった。

 

本当は心も体もこれ以上動けなかった。

本当は笑顔を作るのも必死だった。

本当は泣いて叫びたかった。

本当は「助けて」って言いたかった。

 

でもそんな自分を許せなかった。

だから自分を押し殺して、頑張って、一日を生き抜いた

 

今になって、あの日の自分を抱きしめてこう言いたい。

 

 

「今日もよく生きたね。本当に頑張ったね。わたしと一緒に休もう。」

 

竹口 和香