ことばを吐く

摂食障害の知識と心の言語化を届けたい

摂食障害で人間関係が希薄になる理由

 突然ですが、日常から「食べる」を取ったら人はどうなるでしょうか。

 

f:id:waka0105s:20181224224207j:plain

我が家のクリスマスは昨晩でした。

 

生きる活力がなくなる?

次第に栄養が足りなくなる?

そして体重が減っていく?

 

それだけでしょうか?

「食べる」は体を作るためだけにあるものでしょうか。

 

 

「食べる」は日常の空間を創ること

そうじゃないですよね。クリスマスチキンやクリスマスケーキがある理由を考えてみてください。

 

人は 楽しいとき、悲しいとき、嬉しいとき、悔しいとき、「おいしいもの食べよう」と言います。

 

人は誰かと会いたいとき、話したいとき、聞きたいとき、「お茶でも飲もうか」と言います。

 

人は 一人になりたいとき、考え事をしたいとき、読書をするとき、「コーヒーをください」と言います。

 

どんな瞬間にも、どんな感情にもその時々に「食べる」は隣にいて、私たちの日常を創ってくれる。

 

「食べる」を通じて人と感情を分けあうこと。

「食べる」を通じて人と関係を築くこと。 

「食べる」を通じて何もない時間を彩ること。

「食べる」を通じて自分の心と向き合う時間をとること。

 

日常にはどれも必要です。

 

誰かといるときも、そうでないときも、その日常、その時間を創るのは「食べる」という空間です。

 

「食べれない」は日常を失うこと

では、「食べる」ができない人はどうでしょう。

 

うまく食べ物を扱うことができない。

自分の食欲をコントロールすることができない。

食べた物を受け入れることができない。

だから人と食事をとることができない。

 

一見、食べることに障害を持っているだけのように見えますが、その人は「食べる」という能力とともに、日常を失います

 

朝起きて「今日も頑張るぞ」と入れるコーヒーもありません。同僚と楽しく恋愛話をするランチもありません。3時の休憩に食べるコーヒーとクッキーもありません。「今日もお疲れ様!」と友人と交わすビールもありません。

 

食べられないということは、「食べる」空間が創る日常を失います。

 

日常を失うことは人を失うこと

私たちは、あまりにも「食べる」を通じて繋がっている。日常を失うことによって、当然ながら人間関係にも支障が出ます。

 

友達と可愛いカフェに行ってパンケーキを食べられません。仲間の仲を深めるバーベキューにも行けません。会社の飲み会にも歓迎会や送別会すら行けません。記念日に恋人とお洒落なディナーもできません。家族と食卓を囲めません。

 

だんだん、人間関係が希薄になっていきます。だんだん、自分が、みんなが、離れていくのが分かります。

 

でも追いかけることはできません。離れないで!も言えません。 一度話を聞いてよ!も言えません。

 

だって「食べる」ができないから。

 

 

竹口 和香