ことばを吐く

摂食障害の知識と心の言語化を届けたい

クレプトマニア(万引き依存症)と摂食障害

 

クレプトマニア(窃盗症)。

 

摂食障害によく見られる合併症です。摂食障害の方の約4割がこのクレプトマニアを持っているとされています。

 

最近だと、元マラソン選手がニュースになりましたね。

friday.kodansha.co.jp

症状は分かりやすく、要は、万引き依存症です。

 

 

間違いなく犯罪である窃盗。だけどそれは精神疾患。

 

クレプトマニア(窃盗症)とは?

 

クレプトマニアとは、以下の通りです。

クレプトマニアは「窃盗症」や「病的窃盗」とも呼ばれる精神疾患のひとつです。通常の窃盗行為は「○○が欲しいけどお金がないから盗んで手に入れよう」というように、行為者が利益獲得を目的として盗みを行うものです。
これに対して、クレプトマニアは、十分な資産を有しているのに数百円の物の窃盗を繰り返したり、窃盗する物自体には大して関心を持たないことも多くあります。 窃盗後は、盗んだ物を放置したり、一度も使わずに捨ててしまうこともしばしばあります。

   引用元:クレプトマニア(盗症、盗癖)とは | クレプトマニア医学研究所

 

 

モノを得るために行う、窃盗。それがモノ目的でなく、窃盗という行動そのものに依存してしまうのが、窃盗症。

 

当然、「悪いことをやっている」という自覚はあります。だけど、やめられない。

 

病気??甘えんな。犯罪だろ。

きもい。理解できない。

やめれないって何?

 

犯罪者。

 

 そう、万引きは許されない。犯罪だ。 

なのに、なぜ、盗まなくちゃいけないのか。

 

 

一瞬の高揚感と満足感への依存

理解ができないかもしれないけど、摂食障害やクレプトマニアにも、一瞬の「幸福」が訪れます。

  

摂食障害は、大量のモノを吐いた後の一瞬。

クレプトマニアは、モノを盗んだ後の一瞬。

 

そこに怪奇的な高揚感が生まれます。満たされない何か、報われない何か、そのどうしようも出来ない苦しさを、埋めるように。脳がその高揚感を覚えてしまうのです。

 

だけど、もちろん幸福はその一瞬だけ。

その後には絶望に近い自己嫌悪に陥ります。

 

でも、自分の意思で辞めることが出来ません。

 

理解されないことは痛いほど分かっています。

でも、そんな不可解なことが、実際に起きているのです。

 

わたしがやったんじゃない

摂食障害やクレプトマニアに限らず、色んな依存症等の嗜好性障害の方は「自分の中に二人の自分がいる」とよく話をします。

 

それは、大脳辺縁系というところと深く関係しているから。ここは、本能に近く理性でコントロールできない場所。

 

普段から狂っているわけじゃない。理性的で真面目で常識的な自分がいるのに、強い衝動に簡単に自分が破壊されてしまうんです。

 

自分で、自分が、一番恐ろしい。自分が、自分の中の自分に、破壊されていく。「もう二度とやらない」と誓ったのに。

 

 

クレプトマニアは犯罪か

 

色々と書きましたが、

 

クレプトマニアの行動は、

許されないことをしている。

その事実は変わらない。

 

 

犯罪だ。

 

 

だけど、本人がコントロールができないくらいの症状が出ている。そう思うと、犯罪だとも言えない。それくらい苦しいことを抱えているのだから。「こんな病気もあるんだな。」って頭の片隅に置いてくれるだけでいい。

 

「犯罪」の一言で片付けられない人もいるって

この記事で、知ってもらえると、嬉しいです。

 

世の中にはそんな人もいるんだと。

 

f:id:waka0105s:20181125164419j:plain

 

竹口 和香