ことばを吐く

摂食障害の知識と心の言語化を届けたい

【今の私】新卒二年目で大企業を辞めた私とこれから。

 

今の私の話。

つい最近、とある大企業を新卒2年目で退職しました。

f:id:waka0105s:20181018124506j:plain

 

 少しブログの主旨とはずれるけど、今の気持ちを忘れないように残します。

  

 

 新卒二年目での退職

2017年に新卒入社して、1年半。私にかけて頂いた採用費や教育費などを恩返しできずの退職。

 

「新卒3年は続けなきゃ。」

「大手なのに辞めるなんて勿体ない。」

「まだ会社で吸収できる事は星の数ほどある。」

 

一般的に見ると辞めるべきではない事くらいわたしでも分かった。それでも私は会社を辞めたし、迷いなくこの選択をして本当によかったと言えます。

 

 

 

他人本位な私の人生

 

学生時代の就活時に出来てるべきなんやろうけど、わたしは自分の事も自分の目指したい方向も、分かりませんでした。というか有りませんでした。

 

小さい頃からの夢を摂食障害がきっかけに失い、何に向かって努力したらいいかも分かりませんでした。

 

勿論、わたしなりの目標や想いを持ち、納得した状態で就活を終えました。

 

ただその裏には、世間体、親目線、友達目線、プライド、、色んなものが私を取り巻いていました。その頃の私は、「世間や他人に作られる私」だったんです。 

 

自分の道は自分で決める

はじめに、「会社を辞める選択肢をとって本当によかった」と、自信満々に書きました。笑

 

その理由は、自分の意思で自分の道を選ぶ事ができたからです。

 

漠然とした夢や、漠然とした不安、理想の自分、家族、生活を思い浮かべる。思いついたことを全部書いてみる。それを消さずに肯定する。点と点をつないでみる。

 

そうすると自分の事が少しずつ見えてきました。そんな事を、ずっとずっと模索していました。

 

自分が思った事、考えた事を自分で肯定する事って簡単そうで、とても難しいです。それを他人に発信するだなんて、それはもうめちゃんこパワーがいります。

 

自分をふさぎ混んでた頃の私はきっと(いや絶対)そんな事できませんでした。

 

誰に何を思われるか、それが大事で大事で仕方なかった。でもそのせいで、”こんなもん”で自分のことも自分の人生も片付けかけていました。

 

自分の道を自分視点で考える」、そしてそれを「自分で肯定し、行動にうつす」。それがこの短い期間で、わたしが確実に学んだことです。

 

(前職がだめとかでは全くなく(本当に)、わたしが自分視点でやりたい事を見つけ、それを叶える過程で 会社を移ることがベストだったと捉えて頂けると幸いです。)

 

これからのわたしの道

唐突ですが、わたしには小さい頃から歌手になるという夢がありました。

  

その理由は2つあって、

  • 自分の力で困っている人を元気付けたい
  • 自分の名前(自分という人間)で仕事をしたい

 

でした。というか、これも最近気づいた。

この2つを今回、違う形で叶えていこうと思います。

 

そしてその形の1つがこのブログです。

(まだちんちくりんブログですが)

 

 

最後にありがとう 

退職・転職にあたり、多くの方に背中を押してもらいました。

私が強く決断し、行動ができたのも私の発信に対して、周りの方の温かい言葉があってこそです。

 

 

行動は人を変えるし、人は行動を変えられると思います。

ご一読ありがとうございました。

 

 

竹口 和香