ことばを吐く

摂食障害の知識と心の言語化を届けたい

「摂食障害って治らない」という常識?

 

今日、「僕はうつ病なんだ」と話す陽気なオッチャンと出会いました。

 

わたしが摂食障害だった事を伝えると彼は、「その病気って治んないんでしょ?」と顔を前のめりに仰っていた。

 

 

摂食障害になったら終わり。

摂食障害は難病。

摂食障害は再発する。

摂食障害は一生モノ。

 

 

摂食障害をよく知っている人であればあるほど、この病気で犠牲にするものの多さを知っています。

 

でも、だからこそ、当事者の方にも、その周りの方にも、世間にも、ちゃんと未来が真っ暗でないことを伝えたい。

 

わたしは死ぬまでにあと何回吐くんだろう。わたしは死ぬまでにあと何錠の下剤を飲むんだろう。いくらお金があれば足りますか?

 

当時は、わたしもそんなことばかり考えていた。

 

ネットで「摂食障害」と打ち込むとあまりにも簡単に未来が暗いことを思い知らされる。 必要以上の情報が入ってきすぎて、自分の暗い未来を見ているようで、 「治したい」なんて贅沢で無謀なことを思えなくなるかもしれない。

 

だけど、それが全てじゃない。

断片的な情報を自分に当てはめて絶望する人を減らしたい。

 

 

「普通に食べて普通に人と笑って普通に明日を迎えられる」そんな夢のような、普通の幸せな日を諦めないでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張らないを頑張れ。

 

人生はやり直せる。

 

 

 f:id:waka0105s:20181114222105j:plain

  

竹口 和香