今後の『ことばを吐く』運用について

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。 この度『ことばを吐く』の運用方針を変更するのでご報告です◎ ・エッセイ(こころのノート・摂食障害)→noteに移動 ・イベント告知→変更なし ・おふたりトーク→変更なし これまで投稿していたエッセイは今…

摂食障害を知らない人に摂食障害を説明するのが難関すぎて。

先日、古い友人と摂食障害の話題になった。 彼は摂食障害を知らない。といっても、わたしの活動を知っている人間なので、「摂食障害を全く知らない」というよりかは、「友人が何やら活動に徹している病だ」くらいの認識ではあると思う。 普段、当事者とお話…

社会問題としての摂食障害に絶句した、活動家3年生の夏。

この記事を書くのか、幾晩も悩んだ。 いや、正直な話をすると、今だってパソコンのキーボードを慎重に鳴らしながら、書こうか書かまいかの瀬戸際にわたしは立っている。 それでも書こうとするのは、その景色を見なかったことにできない自分と、どうにか雲間…

カウンセリングで「人生持て余してますね」と言われてきた

残り時間5分という時に、白髪まじりの先生がそう言ったのだ。 わたしは人生を持て余している、らしい。 誤解を招かないように先に言っておきたいのだけど、これはわたしを傷つけるための言葉ではない。 わたしがカウンセリング前に「なるべく意見や所感を言…

知って苦しくても、それでも知りたくなる理由

わたしはよく、始まってもいない未来を終わらせてしまう 何かに苦しめられるとき、わたしの視界は湾曲する。 いつもなら駅前のベンチに座っている自分を見られるはずなのに、月に立って自分を見つけようとして不安になることがある。 あるいは、明日の朝ごは…

繊細と言われるわたしがわたしでいるための備忘録。

わたしが生きるためだけに書く わたしがわたしじゃなくなる場所 空が狭い道 灰色の視界 太陽のない日 季節のない公園 星が見えない空 年中同じ香りがする風 歩くだけで目に刺さる看板 電車の窓に貼られたお節介 見下ろしてくる電光掲示板 手すりにまでついて…

世界摂食障害の日に何も起きないことが現実で、だから変えるんだよ。

何かいつもと変わったこと、あったっけ?? 正直、今朝までわたしは忘れていました。LGBTの国際カミングアウトデーや世界自閉症啓発デーと同じように、大きな動きがある日でないと思ってしまっているから。 日本での「世界摂食障害の日」ってあるようでない…

理由はないよ、ただ少し疲れただけ。

そんな日が多い、気がする。 「なんかあったの?」と聞かれたところで、特に理由はないのだけど。 なんだろう、この白でも黒でもなく、未来でも過去でもなく、それでいて「灰色」でも「現在」とも言い難いこの瞬間が、僕の目の前をゆったりと流れているのだ…

心が壊れたわたしへの手紙。

「普通に生きたい」と泣き叫んだわたしへ ふとあなたに手紙を書いてみることにしました。 これと言って伝えなきゃならないことはないけど、あの日人生から逃げようとしたわたしがこれを読んだらどう思うだろう、なんて出来心を抱きながら言葉を綴ります。 あ…

胡散臭くて眩しい「つながり」ってなんだよ

GWのつながるトークのイベントレポを書こうとしましたが、「つながり」という言葉の胡散臭さについて語るとんでもない記事になりました。 「つながり」って眩しくて胡散臭い 先日の記事では、別の言葉について触れましたが、わたしは「つながり」という言葉…

笑いたくないときに笑っていたら、笑えなくなっていた

そういう、日常だった。 ここにわたしはいない いつも「ここで笑ったほうがいいよ」と自分の頭から指令を受けて、何がおもしろいかも分からないその場で甲高い声で笑って見せた。 この時間はなんの為にあるんだろう。 この時間はわたしの何に役立つものなん…

株式会社DOORS 摂食障害プロジェクトマネージャーの就任について

こんにちは、竹口和香です・ω・ 先ほど発表した株式会社DOORS(以下、DOORS)の摂食障害プロジェクトマネ―ジャー就任について、わたしの言葉で改めてお伝えできればと思います。 摂食障害プロジェクトに関して この度、DOORS×わかさんで、摂食障害プロジェク…